宮崎大学医学部附属病院 地域総合医育成センター

研修プログラム

研修プログラムの特徴

「総合診療専門医後期研修プログラム」では、実際に地域医療支援を行いながら、家庭医を育成しています。

医療および保健活動を実践し、さまざまな職種をコーディネートし、高度化した医療を理解して、地域または患者を中心に医療を展開しながら、外傷や小児科疾患などの初期救急にも対応できる能力をもつ「家庭医」の養成を目標としています。

研修プログラム名

宮崎大学地域医療・総合診療医学講座
「総合診療専門医後期研修プログラム」

研修プログラムの背景

家庭医は、「臓器別の専門医と患者を繋ぐこと」さらに「それぞれの地域で最低限必要な専門医療技術まで習得した家庭医を養成すること」が目的ですので、宮崎県全域をフィールドとし、主施設である串間市民病院と、県南の地域医療の一旦を担っている日南市立中部病院、そして県北部の僻地医療を担う中核施設のひとつである美郷町国民健康保険西郷病院で、それぞれ地域のニーズに合わせた幅広い範囲の診療を日頃から実践することができます。

また、小児科・内科研修を行う県立日南病院も地域で唯一の2次病院であり、偏りなく多くの疾患を診ることが可能です。

いずれの施設も医師が不足しており、他に医療を担う民間施設もほとんどない地域であることから、後期研修を実施し、医師不足の解消に尽力することで地域に貢献します。

救急研修施設となる宮崎大学医学部附属病院救命救急センターは、宮崎県内唯一のドクターヘリを有する医療施設であり、宮崎県内の救急医療の実状を把握することができます。

研修フィールド

研修フィールド イメージ図
総合診療専門研修I 美郷町国民健康保険西郷病院・日南市立中部病院 地域の在宅診療、地域継続医療、保健活動を一体化して学習できる。
総合診療専門研修II 串間市民病院 総合診療を実践する上で、内科、整形外科、産婦人科、外科、泌尿器科の専門診療科からの適切なアドバイスをもらうことができる。
救急科研修 宮崎大学医学部附属病院救命救急センター 実際に地域医療に従事してきた救急医が多数存在するため、地域に必要な救急医療知識を学ぶことができる。
小児科研修 県立日南病院 地域で唯一の入院可能な医療施設である日南病院で、すべての小児疾患をみることができる。
内科研修 県立日南病院 地域医療に必要な内視鏡検査、透析、糖尿病の管理などを専門的に学ぶことができる。
※研修病院は今後も随時増えていく予定です。

研修医の成長への取り組み

地域病院の研修では、外来および入院で、救急・初期診療から在宅診療および慢性疾患管理まで、幅広い健康問題を患者・家族中心の包括的で持続的な研修することができるため、研修者が自ら地域のニーズを知ることができます。

その結果、実際に効率的に地域医療を実践していくために不足している臨床技術の向上のために、研修者各々に必要な臓器別専門医研修も行っていく予定である。

研修者と指導医が話し合って、研修者ごとに研修計画を立て、フィードバック・評価を細やかに行いながら研修を進めていく。必要な選択研修は、実施してきた地域病院での研修から得た地域のニーズに伴って柔軟に変更していく。研修の評価は、直接観察評価、各研修担当者からの評価、ポートフォリオ評価など多角的に行う。

ポートフォリオ作成では、メールなどの電子媒体も有効に利用して、できるだけ研修医と指導医の連絡を密に取り合い、振り返りを重視して、家庭医としての考え方を習得していく。ポートフォリオのエントリー内容の妥当性や評価基準について、3か月に1回程度研修者および指導医が集まって討議し、外部評価を行う。

定員および指導体制

後期研修医定員 1年あたり(2名)×研修期間(3年)=総定員(6名)
指導体制
  • 松田俊太郎(串間市民病院)
  • 木下裕介(美郷町国民健康保険西郷病院)
  • 桐ケ谷大淳(日南市立中部病院)
  • 原誠一郎(県立日南病院)
  • 日高文郎(県立日南病院)
  • 落合秀信(宮崎大学医学部附属病院救命救急センター)

各指導医は、実際に地域医療の最前線で活躍している医師であり、一緒に医療活動を行うことで、教科書からは学ぶことのできない、言葉では伝わりにくい医療に対する姿勢も指導しています。

各研修病院においては、宮崎県の地域医療に必要な人材育成を担う総合診療医を育成するために、とても重要な後期研修プログラムであることを十分に説明して理解していただいているので、いずれの施設においても教育面で多大な協力を得ています。また、宮崎県福祉保健部医療薬務課と連携していて、さらにそれぞれの地域の行政の協力を得られることが保証されています。

後期研修医の評価方法

宮崎大学地域医療・総合診療医学講座が中心となり、各研修担当責任者と連携をとりながら、研修計画の作成・修正、フィードバック、研修環境の整備・調整などを行い、研修全体をコーディネート。

遠隔地の研修も含まれることから、指導医と研修担当責任者が連絡を取りながら毎月振り返りを行い、研修状況に対してフィードバックを実施。

研修の評価は、修了時までに段階的に評価する。毎日ポートフォリオを提出してもらい、研修担当責任者が振り返りを行う。1年に3回はポートフォリオ発表会を行う。指導責任者会議で研修評価を行って終了認定としている。

連絡先

プログラム責任者:松田俊太郎(指導医認定番号:2013-221)

宮崎大学医学部地域医療・総合診療医学講座

住所 〒889-1692宮崎市清武町木原5200
電話 0985-85-9809 FAX 0985-85-9805
E-mail bzh15353@med.miyazaki-u.ac.jp