宮崎大学医学部附属病院 地域総合医育成センター

早川 学

育成センターに関わるきっかけは?

初期研修は宮崎大学で2年間、その後、医局に所属するのが一般的だとは思うのですが、いきなり専門的なことを勉強するよりも、もっと幅広く、いろんなことを勉強できたら、と思ったのがきっかけで、どこかに所属してしまうとなかなか自由に選ぶことも難しいかなというイメージもあり、いろんな方に相談していたところに松田先生と出会い、串間市民病院に行くことを勧められました。

初期研修の2年目で、ローテーションプログラムの中で地域医療が必修となっているのですが、そこで初めて地域医療に触れました。大学病院とは違って、どんな疾患の患者さんでも来ますし、生活保護の患者さんも少なくない。その上で、医師の不足がありましたので、これが地域医療の現実なのかと目の当たりにしました。

串間市民病院の内科の先生方も消化器専門が多いのですが、その専門にこだわっているわけではなくて、心臓の悪い方も来れば、肺の悪い方も来ますから、なんでも幅広く診れなければいけないというのが地域の医師に必要とされている現状があって、そういうお医者さんになりたいなと思ったのが、この育成センターに携わるようになった経緯です。

日南病院の研修の特長は?

総合的な力を研修のうちに身に付けようというのが、主な目的になります。これは初期研修でも後期研修でも同じで、朝と夕方には内科から外科、救急にいたるまで、実際の症例を交えながらのそれぞれの専門の診療科のレクチャーがびっしり入っています。

それから、大学病院みたいな大きな病院の研修ですと、研修医の先生自身で何かを考えて、例えば薬を処方するなんてことも研修医の数が多くて、なかなか余裕がないんですよね、上の指導医の先生が全部決めてしまって、指示された分をやるという形になってしまうんですが、ここではそうではなくて、研修医の先生たち自身できっちり考えてもらって、どうしたいか、というところまで突き詰めて、自立性を大事にするというのが大きな特長ではないかと思います。

僕らが患者さんに対して、診断して処方して、とやってしまうと、研修医の先生もそばで見てはいるんでしょうけれど、なかなか身には付かないと思うんですね。少し時間はかかっても、担当として患者さんを診て、所見を出してもらう。それに対して、僕らの経験でもって答えていくというようにしています。

研修医の指導方針は?

自分も3年目で串間に行ったときは不安でしたが、バックアップ体制が整っていて、夜中の当直でもいつ呼んでも来てくれる、非常に指導医に恵まれた環境でしたし、だからこそ、のびのびいろいろなことを勉強できたという面がありましたので、ここでも研修医の先生方には出来るだけ安心して研修して欲しいです。

これからハードな場面に遭遇することもあるとは思いますが、精神的なフォローや、笑顔になれるような状況をつくるとか、メンタルケアも気にかけています。実際、研修医となって初めて医療の現場に立つわけですから、ショックな動揺することもあるかもしれません。その時、こちらがどれだけ冷静に対処できるか、難しいんですけけれど、心掛けています。

早川 学

どんな医師になって欲しいですか?

総合的な力を持った医師になって欲しいと思います。自分は何科だから、他のは診れないというのではなくて、どんな患者さんでも受け入れて、診る。という医師を目指して欲しいなと思っています。

始まったばかりのセンターですので、まだまだ手探りで、研修の先生方も何を学びたいか定まっていない部分もあると思いますが、しっかりとニーズを受け止めて、センターの育成方針に従って、徐々に充実させていきたいというところです。