宮崎大学医学部附属病院 地域総合医育成センター

研修医心得

医療人として活動するためには、必要な臨床の幅広い基礎知識と医療手技を習得しなければなりません。
医療過疎地域においても、一人の医師として自信を持って医療に従事しうる医師の養成を目的としています。

医師としての心掛けとは、すべて患者さんに対するケアと思いやり。常に患者さんに寄り添える心の暖かな医師になってください。

各診療科において必要なクリア目標を設定。臨床の現場で必要なスキルと経験を積み、独り立ちできる力を身に付けます。

地域総合医育成センターから輩出される医師たちが県内医療圏はもちろん、へき地や無医地域での活動に携わることを期待しています。