宮崎大学医学部附属病院 地域総合医育成センター

センターのコンセプト

チームネーミングの由来

FLONTLINE フロントライン

若き医師が第一歩を踏み出すスタートラインとして、また、後進を導きながらも現場の最前線へ立ち続ける指導医たちの想いを込め、「フロントライン」と名付けました。


センターに所属するのは、宮崎大学医学部から派遣される複数の指導医と後期研修医。県立日南病院で勤務するベテランドクターや、1、2年目の初期研修医、医療スタッフとも連携して、地域住民と高度医療機関とをつなぐ存在として、同じ旗印の下、医療連携の実現とチーム医療の実践に全員一丸となって走り続けます。


先頭に立って道を切り拓いていくというリーダシップとプライドを常に自覚し、地域医療の抱える問題に真摯に向き合う努力と研鑽を惜しまない、そんな医師たちがこのセンターから旅立ち、様々な地域に散りながらも繋がってともに歩んでいく、という願いを込めています。

フロントラインシンボルマーク

フロントラインシンボルマーク

太平洋に広がる日向灘と水平線、空に輝く太陽をモチーフに、ネイビーブルーは医療を提供する医師の誠実さを表し、医療にかける情熱をレッドで表現しています。


また、複数のラインが収束する形は人と人とのつながりを、濃い色合いのシャープさで関わる人すべての未来への展望を表しています。

フロントラインブルー

フロントラインブルー

フロントラインレッド

フロントラインレッド

リンクバナーの利用について

活動を広く皆様にお知らせするために、リンク用バナーをご用意しました。
リンク用バナーをご利用される際には、下記規定をご確認ください。

バナー設置上の利用条件

以下の利用条件にご留意ください。

  • バナーのサイズ、形状は変更しないこと
  • バナーを他の画像の一部として使用しないこと
  • 宮崎大学および日南病院が有する著作権その他一切

バナー設置方法

バナーを設置したいサイトに合ったサイズやデザインのバナーを下記画像からお選びください。